弥満和製作所 ヤマワ SKHハンドタップ中 HTP-M9X1-2 M9×1.00 最安挑戦! 1293円 弥満和製作所 ヤマワ SKHハンドタップ中 M9×1.00 HTP-M9X1-2 産業・研究開発用品 切削工具 タップ ポイントタップ alamexocantina.com,ヤマワ SKHハンドタップ中 M9×1.00,弥満和製作所,/hyperbrachycephal1225511.html,HTP-M9X1-2,産業・研究開発用品 , 切削工具 , タップ , ポイントタップ,1293円 alamexocantina.com,ヤマワ SKHハンドタップ中 M9×1.00,弥満和製作所,/hyperbrachycephal1225511.html,HTP-M9X1-2,産業・研究開発用品 , 切削工具 , タップ , ポイントタップ,1293円 弥満和製作所 ヤマワ SKHハンドタップ中 HTP-M9X1-2 M9×1.00 最安挑戦! 1293円 弥満和製作所 ヤマワ SKHハンドタップ中 M9×1.00 HTP-M9X1-2 産業・研究開発用品 切削工具 タップ ポイントタップ

弥満和製作所 ヤマワ SKHハンドタップ中 HTP-M9X1-2 M9×1.00 【一部予約販売】 最安挑戦

弥満和製作所 ヤマワ SKHハンドタップ中 M9×1.00 HTP-M9X1-2

1293円

弥満和製作所 ヤマワ SKHハンドタップ中 M9×1.00 HTP-M9X1-2

商品の説明

"span"●一般的なタップで、あらゆる方面で使用されています●被削材:炭素鋼、工具鋼、鋳鋼、アルミ合金●被削材:炭素鋼、合金鋼、工具鋼、鋳鋼、アルミ合金、銅合金●先端:中●精度:P2●呼び寸:M9.0●ピッチ(mm):1.00●全長(mm):72●シャンク径(mm):7.0●シャンク四角部(mm):5.5●下穴径(mm):8.0●山数:-●加工ねじ:メートルねじ●表面処理:ノンコーティング●ねじ長(mm):22●タップ等級:P級●※こちらの商品はご入金後のキャンセルは承れませんので予めご了承ください●こちらの商品はメーカー・取引先からの直送品となります。【代金引換払い】【お届け時間指定】【店頭引き渡し】はご利用になれませんので、あらかじめご了承ください。

弥満和製作所 ヤマワ SKHハンドタップ中 M9×1.00 HTP-M9X1-2

フィリピンで国際協力活動をしているアクセスフィリピンの日本人スタッフのブログです。

 フィリピンでの新型コロナ感染者数は、また前日の倍近い17,220人に達しました。
 果たしてこの中に私も含まれているかどうか、何とも気になります。昨日受けたコロナ検査の登録番号でトレースしてみたら、まだ検査室にある、ということで、どうも今日は結果がわからないようです。
 ところで、この感染者数について、フィリピンのマスコミが大騒ぎになっているのですが、一つ見ておく必要があると思うのは、致死率との関係です。
 感染急増の始まる前日の12月22日と比べると、感染件数は、今日が80倍近い数になっていますが、死者数は、今日のほうが12月22日よりも少ない数になっています。
 当然、これから死者数が増える可能性はあるのですが、陽性判定者のうちの無症状・軽症の人の比率が、12月22日はわずか40%なのに対し、今日は91.6%となっています。
 つまり、陽性と判定されても、症状の軽い人が10人に9人なので、高い確率で回復できる、ということになります。
 ということで、注意はしなければいけないけれど、過度の恐怖を煽るのもいけない、ということが言えると思います。
1月1日の朝から、ゴミ収集のトラックが次々とゴミを運んでいます。
 2021年のゴミを片付けて、新しい年を迎えるために朝早くから働いている清掃労働者たちに感謝です。
 それに比べると、政治家たちは政争に明け暮れ、高給層は盛装に明け暮れ、というコントラストを感じます。
 こうしたトラックとは別に、手押し車でゴミを拾い集めている人々も多く、年末年始はゴミの質もいいので、稼ぎ時のようです。

今日のアフガニスタンのニュースを見ていたら、「ナカムラ氏の歩んだ道に続く人々により、灌漑用水ダムや水路の建設が行われている」というタイトルの動画がありました。
 راه ناکامورا را مردم با بند سازی و مهار آب ادامه می‌دهند
 このアラビア文字の文章を機械翻訳にかけてみてもらうと、ナカムラという文字の入った文章が出てきます。
 また、音声の中でも、「ハポニスタン」というのが聞こえたのですが、これは、ハポン(日本)+スタン(~人)と言っているのだろうと思います。別の動画では、「ジャパニスタン」という言い方をしていました。辞書を見ると、「ニポニスタン」とも言うようです。
 これまで毎日のようにアフガニスタンのニュースを見ていますが、ダムや水路、橋などの工事のようすが頻繁に出てきます。ただし、その作業の多くは手作業だったり、石を積み上げたものも多いです。
 また、工事のための費用は、海外にいるアフガン人や、アフガン支援のイスラム教徒などからの個人的寄付に頼っているものが多いように見受けられます。
 しかし同時に、重機も工事に使われたりしていて、そうした重機の操作や、測量器の操作のできる技能を持った人もいるのが伺えます。
 こうした様子を見る限り、アフガニスタンの人々が、食糧支援などを待つだけでなく、土木工事などをして生産基盤の整備をしている姿勢が感じられます。

↑このページのトップヘ